サービスを見比べて決める

ダンボール

素人には難しい

一人暮らしで荷物が少ないと、自分だけで引っ越し作業ができると考えてしまいますが、やはり専門の業者に依頼することをおすすめします。重い家具や電化製品を運ぶのは、素人には意外と難しく、落としてしまったり、体を壊してしまう可能性があります。また、賃貸の場合、壁にぶつけて傷をつけてしまうと、修繕費を請求されるので、高くついてしまいます。一人暮らしであれば、家族での引っ越しよりも荷物が少ないので、料金も抑えることができます。ホームページがある業者であれば、運びたい荷物を入力すると、見積もりの料金を簡単に出すことができるので、どれくらいかかるのかがすぐに分かります。引っ越しの繁忙期シーズンでなければ、単身での引っ越しでも様々な割り引きが適用になります。作業日の二週間前までに申し込みを済ませたり、搬出、搬入の両方を平日にすると、割り引きになる業者もあるので、様々な業者のサービス内容をよく確認して、見比べます。細かい荷物や衣類をダンボール箱に入れる荷造りの作業は、自分でしなければなりませんが、家具や電化製品は業者で梱包をしてくれます。また、壁や床を傷つけないようにきちんと養生をしてくれるので、安心して作業を任せることができます。引っ越しに必要なダンボール箱やテープなどは、自分で準備するか、有料で業者に準備してもらうことになります。サービス期間などで無料でもらえる場合もあるので、細かい点もよく見比べてから業者を決定します。